レンタルサーバー契約前にWordPressをローカル環境で学習する方法|Local by Flywheel 3.3.0をダウンロード・インストール

WordPress備忘録

Local by Flywheel|WordPressに特化したローカル環境作成ツール

2019/12/01現在のお話です。
この記事はこれから初めてレンタルサーバーを契約してWordPressでブログを始めようかという人のためにおすすめです。

Windows版とMac版があります。
64bit OS でしか動きません。
筆者の環境:
Windows10 64bit
CPU Intel Core i5-3210M

ローカル環境とはなんぞや

レンタルサーバーで動作するWordPressにネット越しにアクセスするのではなく、自分のパソコン(Windows)でWebサーバーを動かし、そこにレンタルサーバーと同じようにWordPressをインストールして、自分のパソコンのブラウザでアクセスして使うということです。
本番環境(レンタルサーバー)と変わらず、テーマ・プラグインの導入、設定、記事投稿、閲覧できます。

Apache、nginx、LiteSpeed などのWebサーバーは、共用レンタルサーバーではだいたいLinux OSで動作していますが、Local をインストールすればWindows上に仮想的にもう1台コンピュータが作られて、PHPやMySQLデータベースもインストールされます。
なので、WordPressが動作します。
使い方は普通のWindowsソフトと変わりません。

このようなツールにはXAMPPが超定番ですので、ググって使うのもありだと思います。
いずれにせよ、WordPressをインストールしてしまえばどちらも同じに使うことができます。
XAMPPのダウンロードからWordPressのインストールまでは動画にしてありますので、そちらもご覧ください。

初心者がWordPressを始めるならレンタルサーバー選びよりも先にWordPressの学習をすすめる理由

  • レンタルサーバーを契約してもWordPressの使い方やテーマ、プラグインなどどれを使うべきかわからずなかなか前に進めない。
  • 記事を多数公開した後で独自のエディター機能を持つテーマに変えて表現したい場合、再編集で二度手間だし、不具合が出た場合対処に追われる。
  • SEOがらみでもテーマ選択は重要。テーマをいろいろ使ってみて自分に合ったテーマを選ぶ時間も必要。
  • 機能系・セキュリティ系プラグインもレンタルサーバーの本番環境前に選定しておく時間も必要。
  • いきなりWordPress(に限らずどんな形のサイトでも)公開してもすぐにアクセスは集まらない。ライバルサイトを研究するなど十分なプランが必要。
  • 下準備だけでなく、本番環境用サイトをコストをかけずにローカル環境で作成し、レンタルサーバー契約後に移行できる。

Local by FlywheelをインストールしてしまえばXAMPPより簡単と思えること

tubepack
tubepack

Localを起動すれば作成したWordPressにすぐアクセスできる。
サイト作成・削除・再作成も簡単。
データベースの作成も自動。
複数サイト追加も簡単。

XAMPPはWordPressインストールファイルをダウンロードして解凍、 1サイトごとにインストールファイル設置、ブラウザであくせすしてインストールする。(基本は手動インストール)
データベースの作成もWordPressインストール前に手動で行う。
WordPressにアクセスするには、XAMPPコントロールパネルでApacheとMySQLを起動させる。
サイト削除はWordPressのインストールフォルダとデータベースをそれぞれ手動削除。

WordPressに特化したローカル環境としてはデメリットは特になし

tubepack
tubepack

Local by Flywheelは歴史は浅いですが、後発でWordPressに特化したローカル環境作成ツールですのでWordPressを動かしたいだけなら何のデメリットもないと思います。
強いて言えば、開発元サイトもコミュニティーもLocal 実行画面もすべて英語。
しかし、日本語情報は最新版5.0.7(Beta)以外なら結構あります。
インストールされるWordPressは英語ですが、管理画面で日本語にすれば問題なし。

XAMPPも英語だっけ?
ローカルのサーバー環境としてはXAMPPの方が汎用性は高いです。
一緒にインストールできるBitnami(英語版)というソフトでWordPress含め、
他のCMSも簡単にインストールできます。
さっき手動インストールって言ったじゃんとツッコミが来そうですが・・・
今度Bitnamiやってみます。

Local 3.3.0 のインストールはBIOS設定で virtualization technology を有効にしないとできない

初心者でも簡単にWordPressをローカル環境で使えると、 Local by Flywheel を進める記事が多いのですが、BIOS設定を変更しますのでここだけ要注意で、絶対に知識のない他の項目は変更しないようにします。
BIOS設定に virtualization technology の項目がない場合は Local 3.3.0の使用はできません。
また、virtualization technology がすでに有効になっているパソコンの場合は、スムーズにインストールできるはずです。

参考までに:
BIOS設定画面は、パソコン起動してWindowsロゴが表示される前に「F10」キーを押すと出てきますが、パソコンのメーカーによって違う場合があります。
メーカーサイトやパソコンの取説で確認できます。
System Configuration タブのDevice Configurationsの中に virtualization technology があればチェックを付けて「SAVE」して「EXIT」すればパソコン起動が続行されます。

最近のパソコンに多いUEFI・BIOSの場合、設定画面のメニューが違いますが、BIOSと同じように仮想化機能のON/OFF項目があると思います。

Local 3.3.0 インストール方法

インストールファイルのダウンロード

以下の開発元ページのダウンロードボタンは使いません。
最新の5.0.7 Beta版をダウンロードしてしまいます。

安定板のLocal 3.3.0 (Windows版) は以下からダウンロード

ダウンロードしたファイルを実行

すぐにインストールが始まり、しばらくすると
VirtualBox と Host Machine のインストールが始まります。
数回、Windowsが許可を求めるダイアログが出ますが、すべて「はい」でOK.

WordPressサイトをインストール

Localをインストール終了したら「CREATE NEW SITE」ボタンでWordPressをインストールするだけ。

tubepack
tubepack

う~ん、簡単すぎる

WordPressのタイトル入力

試しにdemoと打ちます。
ここで日本語名は入力できませんが、後でWordPress管理画面で変更できます。
ADVANCED OPTIONSはそのままでOKです。
そして「CONTINUE」ボタン

環境設定はPreferredでOK、後で変更できる

Preferredを選ぶとデフォルトで
PHP 7.2.9、Webサーバー nginx、MySQL 5.7 の環境が設定されます。
ここではロリポップ レンタルサーバーに合わせてCustom
上記3つの設定を変更しました。
後で、随時変更可能です。
「CONTINUE」ボタンで次へ

WordPress用ユーザー名とパスワードの入力

WordPressにログインするためのユーザー名とパスワード入力です。
WordPress Username:admin
WordPressPassword:pass
と打ちました。
本番環境では絶対使ってはいけないやつですね。
自分がログインできなると困るので控えておきましょう。
WordPress Emailは特に必要ないので、そのままにしておきます。
本番環境に移行したら使えるEmailに変更すればいいと思います。
「ADD SITE」ボタンでインストール開始。

本番環境を考えたユーザー名とパスワードの決め方

パスワードはWordPress管理画面からいつでも強度の強いものに変更できますので、ローカル環境で使ううちは暫定的なものでもいいと思います。
別記事で紹介する方法で本番環境に引っ越しした場合、ユーザー名とパスワードも引き継がれます。
ユーザー名はログインユーザー名となるだけでなく、本番環境では記事の投稿者名表示を別名にしてもデフォルトでは公開されるので、そのつもりで設定します。

ユーザー名は後で変更できないような仕様に見えますが、どうしてもという場合は変更方法があります。

WordPressサイトインストール後

インストール終了すると、下記画面になります。
WordPressは最新版バージョン5.3でインストールされました。
Local Environmment 横の Change で先ほどの環境設定が変更できます。
サイトURLは http://demo.local
WordPressインストール先:
C:\Users\[Windowsユーザー名]\Local Sites\demo(←URLの前部分)\app\public

右上の「TRUST」ボタンはhttps://URLでアクセスする場合押しますが、今回は押さず、「×」で閉じます。

Microsoft Edge ではLocal で作成したWordPressが表示できない

さて、サイト表示を確認しましょう。
Windowsの既定のブラウザがMicrosoft Edge以外なら
「VIEW SITE」ボタンでサイトが、
「ADMIN」ボタンでログイン画面がブラウザで開きます。
もしくはブラウザに手打ちでアクセスできます。
Micosoft Edgeでサイト表示されなくてもインストール失敗などと思わず、他のブラウザで使っていきましょう。
下記画像はFirefoxで表示したサイトトップです。

WordPressの日本語化

英語表示でインストールされるWordPressですが、
管理画面にログインしたら、「Setting」→「General」で
Languageを日本語、Time ZoneをTokyoにして
「Save Changes」ボタンを押せばOK。
サイトトップのリンクからログイン画面へ行けますが、
URLは サイトURL/wp-login.php

WordPress学習おすすめ本

WordPressの基本はこれでOK!
本屋で見当たらない場合はネットで買いましょう。
電子書籍版をブラウザで見ながら学習がおすすめです。

wordpress.org登録の国産高機能テーマLightningを使って覚えていきます。

コンテンツ作成に慣れてきて、中級者の仲間入りならこれ!
HTMLやCSSは分かるけどWordPressやPHPに馴染みがない方向け

PHPを本格的に覚えようと思う方の入門書

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ←ポチッとお願いします
おすすめレンタルサーバー公式ページ
WordPress備忘録
おすすめレンタルサーバー|ロリポップ!スタンダードプラン

当サイトおすすめ中古ノートパソコン3万円台
買いたい順ランキング
(時々更新)2020/06/27更新
3万円台で買える上限スペックのノートPCをPick Up!
☆は独断と偏見です。
人気のスペックは早く売り切れますので、悩んでいる方はお早めに。
下記を基準に選びました。
Windows 10 64bitできればhome よりPro
第3世代Core i5以上
15インチ以上
メモリー8GB以上
SSD
USB3.0あり・Webcamあり

できれば
光学ドライブDVDマルチ以上
内蔵無線LAN・Bluetooth

2020年になって3万円台で第4世代Core i5ノートパソコンが出回ってきました。
中古ノートパソコンではなかなかWi-Fi/Bluetooth内臓モデルは数が多くありません。

おすすめMRR参加ショップ
NEC VersaPro VK23T/X-R 第6世代 Corei5 6200U Windows10 Pro 39,800円

1位は、Windows10 Pro、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi(IEEE802.11ac対応)・Bluetoothすべて内蔵

TOSHIBA dynabook Satellite B554/M Core i5 4210M Windows10 home 34,010円

Windows 10 Home 64bit、(Win10 Proではなかったのが残念)
ウェブカメラ有でWi-Fi IEEE802.11a/b/g/n・Bluetooth内臓はうれしい。

東芝 dynabook B554/U Core i5 4310M Windows 10 Pro 32,780円

ウェブカム無しだがコスパはいい

TOSHIBA DynaBook B65/W 第五世代 Core i5-5200U 2.20-2.70GHz

前回の第1位。久々に見つけた、ウェブカム・テンキー・Wi-Fi・Bluetoothすべて内蔵

よろしければフォローお願いします。
ロックギターとパソコンと、う〜んペットはいない